Home医院紹介当院のこだわり院内設備のご紹介料金
一般歯科歯周病インプラント入れ歯根管治療矯正歯科親知らず審美歯科ホワイトニング小児歯科ナイトガード・マウスピース

クリニックブログ

2013年1月15日 火曜日

虫歯について その3

さて虫歯についての3回目です

前回時間が虫歯に影響を及ぼすことをお話しました

虫歯は細菌+歯+糖分+時間でできます

ではどうすれば虫歯になりにくくなるでしょう

まずは
①細菌の数を減らす 現在虫歯が口の中にある場合は完全に除去します 
          虫歯が口の中にある場合は細菌が大変繁殖しており
          穴が開いている場合があるので穴の中に食べ物が詰まり余計に
          繁殖します 
          ですから定期的に歯科に行き虫歯が小さいうちに治療しましょう
          小さな虫歯だと治療も楽ですよ!

②歯を強くする   虫歯は歯の結晶構造の弱いところからなります 
          結晶構造を強くするにはフッ素が有効です 
          ご自宅でフッ素を塗布する方法があります
          それは歯磨き粉です 歯磨き粉の中にはほぼフッ素が入っています
          しかし歯磨きの時に使用する程度では歯に十分フッ素を取り込めません
          ですから歯磨きの時は歯磨き粉無しで磨き十分にゆすいでから
          歯磨き粉を全体に摺り込むようにします 
          出来れば辛くない歯磨き粉(子供用がいいかもしれません)を使用し
          塗った後は30分飲食禁止にします ですから寝る前が効果的です


③糖分を控える   糖分は人類に必要な栄養の一つです
          全く取らないことはできません  
          また糖分はチョコレートやお菓子などに含まれてると思われますが
          白いご飯にも含まれ果物にも含まれ料理にもお砂糖を使用したりします
          ですから糖分を取るときは時間を決め一気に取ることです
          前回のブログでステファンカーブを説明したと思いますが

上のグラフのようにだらだら食べると脱灰する時間が多くなります
          ですから食べる時には食べ 
          糖分を全く取らない時間を少なくとも2時間持つようにします 
          その間は水やお茶 キシリトール100%のモノなどを取ることを
          お勧めします
          そうすることにより再石灰化する時間が出来ます
          再石灰化する時間を多く取ることが虫歯予防の一つです


④歯磨きをする   歯磨きはもちろん皆さまされていると思いますが 
          重要なのは食べ物の残りかすを取るということ 
          「ゴシゴシ」するのが歯磨きと思われていると思いますが
          食べ物のかすはそんなに強固に歯にくっついていません 
          力はそんなに要りません 
          必要なのは正しく食べ物のカスがたまりやすいところに
          ブラシを当てるということ とタイミングです
          食べたら磨くということです 
          食べて磨かないと口のなかに食べ物のカスが磨くまで残ることになり
          その時間は虫歯が進行することとなります

僕はこの中で最も重要なのは食べ物の摂り方だと思っています 

虫歯の多い方に食べ方を聞いてみると 

「朝ごはん後に歯磨きをしてもすぐにアメを舐めたりジュースを飲んだりする」とおっしゃる

方が多いようです 

皆さまちょっと気をつけて食生活を見なおして下さいね! 

投稿者 久保歯科医院 院長

  • 一般歯科
  • 歯周病
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ
  • 当院のインプラントについて
  • 目立たない入れ歯
  • 根管治療
  • 咬み合わせ治療・矯正歯科
  • 口腔外科・親知らず抜歯
  • 審美歯科
  • 歯のクリーニング・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • ナイトガード・マウスピース
ACCESS

〒673-0886
兵庫県明石市東仲ノ町2-9
R2フラット久保2F

診療時間
平日
9:00~12:30 14:00~19:00
土曜日
9:00~15:00(昼休憩なしで診療しております)
最終受付18:45

休診日 木・日・祝祭日

ホームページを見たとお伝えください 078-911-8148
お問い合わせフォーム 詳しいアクセスはこちら