Home医院紹介当院のこだわり院内設備のご紹介料金
一般歯科歯周病インプラント入れ歯根管治療矯正歯科親知らず審美歯科ホワイトニング小児歯科ナイトガード・マウスピース

クリニックブログ

2013年2月26日 火曜日

かぶせものと土台について その2

花粉症の方はツライ季節になってきました 
花粉症はアレルギーの一種です 

アレルギーとは体がある物質に対して異常な反応を起こし炎症を起こす現象です 
花粉症はスギなどの花粉がアレルゲンとなり花粉が直接触れる花の粘膜や目の表面に炎症が起こります その結果目が痒くなったり鼻水がでたりします

アレルギーはすべての物質で起こる可能性があります 
一般的にはアレルゲンに触れても良い許容量がそれぞれの物質にあり許容量を超えるとアレルギーが発症します

歯科で問題となるのは金属アレルギーです 
意外と気がつかないのですが 例えばピアスなどアクセサリーで耳が荒れる方がいらっしゃると思います 金属アレルギーの一症状ですね

ですがゴールドやプラチナのアクセサリーではどうですか? 
ブラスチックはどうですか? 
あまり荒れておられる方はいないのではないでしょうか?

どうしてか? それは金属のイオン化しやすいかどうかにかかっています

では歯科で使う金属はどうでしょう?

前回のブログでスウェーデンでは銀合金の詰め物をすると訴えられると書きましたが
それは銀がイオン化しやすい物質だからです 要するにイオンが溶け出し金属の物性を壊してしまうからです
保険の金属はどうでしょう? 保険の金属には銀が50%も含まれています
その銀の成分が時間を置くと口の中に溶け出します 
そうするとせっかく作った詰め物や被せ物と歯の隙間が空いてしまいます
隙間が空くとそこから虫歯になり詰め物が取れてしまいます

皆さまの口の中の詰め物は何年前に作ったものですか? 
5年以上経過していますか? 10年以上ですか? 
それはこのイオン化が関係しています 
特に神経を取っている歯は痛みを感じる神経がありませんから隙間から虫歯になっても気が付きません ある日いきなり取れます そこで再治療が可能なら良いのですが 最悪抜歯になってしまいます 

ちなみに保険診療にはルールがあります 「再治療」つまり外れたりしてまた同じ部位を治療する場合 詰め物(インレー レジン充填)などは治療が終了して3ヶ月 被せ物はつけた日から2年すれば再治療しても良いことになっています

つまり保険のルールに則ると
3ヶ月しか持たない治療でも良い 2年しか持たなくても良い ということになります
その結果歯はどうなるでしょう? 何回も削られて小さくなり最後には抜歯ということになります

僕は歯科医として治療をおこなっているはずなのに歯を治すたびに歯を悪くしているのではないか? と思ってしまいます 

それはおかしいですね本末転倒です
では歯を長持ちさせるにはどうすればいいのか?

次回に続きます

投稿者 久保歯科医院 院長

  • 一般歯科
  • 歯周病
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ
  • 当院のインプラントについて
  • 目立たない入れ歯
  • 根管治療
  • 咬み合わせ治療・矯正歯科
  • 口腔外科・親知らず抜歯
  • 審美歯科
  • 歯のクリーニング・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • ナイトガード・マウスピース
ACCESS

〒673-0886
兵庫県明石市東仲ノ町2-9
R2フラット久保2F

診療時間
平日
9:00~12:30 14:00~19:00
土曜日
9:00~15:00(昼休憩なしで診療しております)
最終受付18:45

休診日 木・日・祝祭日

ホームページを見たとお伝えください 078-911-8148
お問い合わせフォーム 詳しいアクセスはこちら