Home医院紹介当院のこだわり院内設備のご紹介料金
一般歯科歯周病インプラント入れ歯根管治療矯正歯科親知らず審美歯科ホワイトニング小児歯科ナイトガード・マウスピース

一般歯科

虫歯について

一度虫歯になってしまった歯は、自然治癒することはありません。放っておくと虫歯はどんどん悪化し、 結局治療に時間も費用も余分にかかってしまったり、ひどい時には入れ歯が必要になってしまった、、、という方も少なくありません。

早期発見できた小さな虫歯であれば、1日で治療が終わることもありますので、定期的に検診を受けて、悪化する前に治しましょう。歯が痛い、歯の黒いとことが気になる方は、明石(明石市)の歯科・歯医者の久保歯科医院までご相談ください。
なぜ、虫歯になるの?
皆さんは、なぜ虫歯になるのか知っていますが?
虫歯になる条件は様々で1つとは限りませんが、ここでは虫歯になるメカニズムをご説明します。

 

1、口腔内には多くの細菌が住んでいます。

その中のミュータンス菌が歯に残った糖をエサにして、活動を始めます。


 


2、ミュータンス菌は、食べた糖を分解することで、歯に歯垢(プラーク)を作ります。


 


3、そして、さらにミュータンス菌が増殖します。


 


4、増えたミュータンス菌は、歯を溶かす“酸”を放出します。


 


5、結果、その“酸”がエナメル質を溶かすことで【虫歯】となるのです。


 
虫歯の進行について
続いては、虫歯になった際にどのように進行していくのかをご説明します。

 


【C0】
健康な歯の状態です。


 


【C1】

ほとんど自覚症状はなく、この状態であれば、痛みもあまりなく簡単な治療で済みます。
 

【C2】
冷たいものを飲んだり、食べたりすることで歯がしみるようになってきます。この状態であれば、神経を取らずに済みます。なるべく早めに治療しましょう。


 


【C3】

痛みが激しくなってきます。冷たいものよりも熱いものがしみるようにもなります。虫歯が歯の神経にまで達している状態です。神経を取る治療(根管治療)が必要となり、通院回数も多くなってしまいます。

 


【C4】
歯の頭の部分(歯冠部)がなくなり、歯の根だけが残っている状態です。
神経が死んでしまっているので、痛みを感じることはあまりありませんが、歯の根元に膿がたまっているケースがあります。
最悪の場合、歯を抜かなければなりません。


虫歯の治療法について
虫歯の治療法は、上記でも述べた虫歯の進行具合によって変わります。

【C1の場合の治療法】

白いプラスチックの樹脂を詰める治療を行います。

 

 

【C2の場合の治療法】
虫歯が大きい場合、白いプラスチックの樹脂では強度が弱いため、詰め物(インレー)を入れます。(白い詰め物もあります)


 

【C3の場合の治療法】
虫歯が神経に達している場合は、神経を取り、根管治療(根の治療)を行った上で土台と被せ物を入れます。(白い被せ物もあります)

image1image2

 

【C4の場合の治療法】
この状態になると、歯を抜くケースが多いです。
歯を抜いた方への治療法はこちら

虫歯にならないための予防について
虫歯になる原因として、個人の歯の質、細菌の数など様々ですが
虫歯にならないための効果的な予防法をご紹介します。

●糖分を摂り過ぎない
虫歯になる要素として、糖を分解する際に出す酸が歯を溶かすことで虫歯になるため、できるだけ糖分を摂り過ぎないことも大切です。糖を含む食べ物を食べ続けていたり、ジュースをだらだらと飲み続けていると、口の中では常に酸が作りだされる状態となってしまいます。糖分を接種する頻度を抑えることで、虫歯ができにくい口内環境を作っていきましょう。

●正しいブラッシング・セルフケア
歯磨きをしているのに何で虫歯になるんだろう?と思われている方がよくいらっしゃいます。もしかしたら、正しいブラッシングができていない可能性があります。当院では、個々に合ったブラッシングの方法をお伝えさせて頂きます。
また、ご自宅でできるセルフケアとして、歯間ブラシやデンタルフロスなども使うといいでしょう。

●歯科医院での定期健診
セルフケアだけでは、虫歯予防が完全とはいえません。歯科医院での定期健診に通うことで口腔内をチェックし、セルフケアでは落ちない歯の汚れをプロのケアで徹底的に落とします。虫歯予防のためには、定期的な歯のメンテナンスが欠かせません。

明石(明石市)の久保歯科医院では、患者様お一人おひとりに合わせた予防方法をお伝えしております。

一般歯科 よくある質問

Q、歯医者はやっぱり怖いです…。

A、「歯医者は怖い」「治療は痛いし行きたくない」という理由で治療が遅れてしまう方が多いのは、とても残念なことです。
当院では、患者さまとのコミュニケーションを大切にし、患者さまにとって「信頼できる、安心して任せられる」歯科医院となれるよう努めています。
また、痛みを伴う治療を行う際には、細い麻酔針で麻酔をかけて患者さまが痛い思いをなさらないよう治療いたします。

Q、虫歯を治療した歯が、また虫歯になってしまいました。

A、虫歯の治療=二度と虫歯にならない ではありません。むしろ、一度虫歯になった歯の方が再び虫歯にかかりやすいのです。
そもそも虫歯は歯の磨きにくい場所にできることが多い上、かぶせ物や詰め物と自然歯の間のごくわずかな隙間が、虫歯のリスクを更に高めてしまいます。
治療した歯こそしっかりと歯磨きをし、虫歯予防を心がけましょう。

Q、歯が痛いのですが、、

A、いつどのように痛むかによって、考えられる症状は異なります。
○ 継続的にズキズキ痛む場合
虫歯、歯の打撲、歯ぎしりなどによって歯の表面や神経を傷つけていたり、歯根の周りを覆っている歯根膜が菌に感染して歯周病になると、 継続的な痛みを引き起こします。

○ 噛んだときに痛む場合
ひびの入った歯や詰め物が古くなり噛み合わせが悪くなった場合、歯根膜に炎症がある場合、歯の神経の感染や損傷が及んだ場合などに、 噛んだ時の痛みをもたらします。

○ 歯磨きの後に痛む場合
麻酔を行った治療後は歯磨きをすると痛みが生じる時がありますが、痛みが激しいときは直ちに歯科医師にご連絡ください。
痛みは歯からのSOS。
「我慢できるから」と放っておかず、詳しく検査してもらいましょう。

Q、親知らずが痛みます。抜いたほうがいいのですか?

A、親知らずは、虫歯や炎症を起こしやすい問題児。また、隣り合った歯や神経などを圧迫して、さらに問題を広げることも。 全ての親知らずが悪いとは限らず、残していても問題のない親知らずもありますが、痛みがあるときは何らかの対策が必要です。
解決策は抜歯ですが、親知らずの周りをよくすすいだり抗生物質を使用することで、一時的に痛みを抑えることもできます。

Q、歯を磨くと出血することがあります。

A、歯ブラシや食べ物程度の刺激でも出血があるときは、歯肉に炎症が起きているかも。初期の歯周病になっている可能性があります。 歯磨きの出血に気づいたら、早めに受診してください。

Q、ぐらぐらする歯があるんですが、どうしたらいいですか?

A、歯がぐらつくのには、歯周病で歯を支える歯槽骨が溶けてしまっている/歯が強い衝撃を受けて神経が死んでしまっている/噛み合わせが悪い/かぶせ物が取れ かかっている、などの原因が考えられます。歯の状態によっては、抜かずに治療できる可能性があります。まずは早期に受診してください。

Q、口臭が気になっています。原因と対策を教えてください。

A、口臭の一番の原因は、口の中のトラブル。プラーク、歯石、虫歯、歯周病、歯磨き不足、口内炎、ドライマウス(口腔乾燥症)、舌苔(ぜったい)など、 何らかの疾患が口臭を引き起こしている可能性があります。 正しい歯磨きと治療で口の中の衛生状態を良くすることで、口臭はかなりおさえられます。

Q、もう長年歯医者に行ってません。特に痛みもないし…

A、長い間歯医者にかかっていない方ほど気をつけなければいけないのが、歯周病。 磨き残したプラークや、プラークが石灰化した歯石は、歯周病の大きな原因です。また、歯周病は痛みがないまま進行しますので、気づけばひどい状態になっていた、なんてケースもよくあります。
痛みがなくても、定期的に歯医者で診察・クリーニングを受けましょう。

  • 一般歯科
  • 歯周病
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ
  • 当院のインプラントについて
  • 目立たない入れ歯
  • 根管治療
  • 咬み合わせ治療・矯正歯科
  • 口腔外科・親知らず抜歯
  • 審美歯科
  • 歯のクリーニング・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • ナイトガード・マウスピース
ACCESS

〒673-0886
兵庫県明石市東仲ノ町2-9
R2フラット久保2F

診療時間
平日
9:00~12:30 14:00~19:00
土曜日
9:00~15:00(昼休憩なしで診療しております)
最終受付18:45

休診日 木・日・祝祭日

ホームページを見たとお伝えください 078-911-8148
お問い合わせフォーム 詳しいアクセスはこちら