Home医院紹介当院のこだわり院内設備のご紹介料金
一般歯科歯周病インプラント入れ歯根管治療矯正歯科親知らず審美歯科ホワイトニング小児歯科ナイトガード・マウスピース
ホーム > 根管治癒

根管治療

歯を抜いてすぐに楽にするのか? 治療して長持ちさせるのか?

根管治療(歯の根の治療)とは

根管治療とは、虫歯が神経にまで達してしまった場合、
根管(神経の通る管)の神経を取り除き、中を治療する事をいいます。


根管治療 歯の根の治療

虫歯になっていると分かっていても放っておく方が多いのが現状です。しかし、虫歯は放っておくと非常に危険な病気なのです。歯の神経まで進行し、激痛をともない、神経が最悪死んでしまいます。自然治癒する事が虫歯はないので、歯科治療は虫歯になると必ず必要になります。

抜歯をするか根管治療をするか

虫歯が神経にまで進行してしまうと、歯を削るという治療だけでは治す事が出来ません。
そのような状態になると歯を抜くか、根管治療をしなければなりません。もちろん痛みをすぐに抑えたいというのであれば、抜いてしまえば痛みは治まります。

但しそれは一時しのぎで、永久歯は一度、抜いてしまうと二度と生える事がありません。また、残りの歯にも影響を与えるので、あまりおすすめは出来ません。
根管治療をする事で、大切な歯の寿命を延ばす事ができます。
目先の事にとらわれる事なく、先を見据えた治療が必要となるでしょう。
自分の歯を残し、守る為には根管治療は必要となるでしょう。
歯をできるだけ残したいという方は、一度明石(明石市)の久保歯科医院までご相談ください。

根管治療(歯の根の治療)が必要な症状

虫歯治療において、根管治療が必要になる症状は?

神経がまだ生きている場合と神経がもう死んでしまっている場合のそれぞれ根管治療が必要となるケースのご紹介。
以下の症状がある場合は早めにご相談下さい。

歯の神経が生きている場合
  • 何もしていないのに歯が痛む
  • 冷たい物が歯にしみる
  • 甘いものを食べると歯がしみる
  • 噛むと歯が痛む
歯の神経が死んでいる場合
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎を押すと痛みが生じる
  • 内出血が歯根の中で起き、歯が浮いた感覚がある
  • 噛むと歯が痛む

根管治療(歯の根の治療)の流れ

STEP1 カウンセリング

事前にご予約を頂いた日にご来院頂きます。現在に症状や治療に関するご質問やご要望をお聞かせください。ご来院当日は、痛みを取り除く治療を行います。

STEP2 各種検査

カウンセリング終了後、各種検査を行います。各種検査でデータを取り、そのデータが根管治療を行う為の土台となります。

STEP3 ご説明

現在の状態のご説明と今後の治療についてのご説明をいたします。気になる事や分からない事があればお気軽にご質問下さい。分かりやすく説明いたします。説明にご納得頂きましたら治療に入ります。

STEP4 根管治療

虫歯の部分を削り、神経、血管の汚染された箇所を除去します。取り残しがないように、Zoo、歯科用ルーペを用います。

STEP5 根幹充填

薬剤を根管内に充填していきます。

STEP6 被せ物の作製

当医院では、保険適用の被せ物、自費の被せ物を取扱いしております。患者様のご要望をお聞きした上で、ご提案させて頂きます。

保険の被せ物と自費の被せ物について
STEP7 被せ物の装着

土台を入れて、被せ物を装着します。

根管治療(歯の根の治療)を行う、明石(明石市)の歯科・歯医者の久保歯科医院までお気軽にご相談ください。
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ
  • 当院のインプラントについて
  • 目立たない入れ歯
  • 根管治療
  • 咬み合わせ治療・矯正歯科
  • 口腔外科・親知らず抜歯
  • 審美歯科
  • 歯のクリーニング・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • ナイトガード・マウスピース
ACCESS

〒673-0886
兵庫県明石市東仲ノ町2-9
R2フラット久保2F

診療時間
平日
9:00~12:30 14:00~19:00
土曜日
9:00~15:00(昼休憩なしで診療しております)
最終受付18:45

休診日 木・日・祝祭日

ホームページを見たとお伝えください 078-911-8148
お問い合わせフォーム 詳しいアクセスはこちら